総合医療とは

総合医療について

いわゆる「統合医療」は、近代西洋医学と相補(補完)・代替療法や伝統医学等とを組み合わせて行う療法であり、多種多様なものが存在します。

社団法人日本統合医療学会によると、「統合医療とは、さまざまな医療を融合し患者中心の医療を行うものです。科学的な近代西洋医学のみならず、伝統医学と相補(補完)・代替医療、更に経験的な伝統・民族医学や民間療法なども広く検討しています。」とされています。

国立補完統合衛生センター[米国]においては、「統合医療」を、「従来の医学と、安全性と有効性について質の高いエビデンスが得られている相補(補完)・代替療法とを統合した療法」と定義しています。また、相補(補完)・代替療法については、「一般的に従来の通常医療と見なされていない、さまざまな医学・ヘルスケアシステム、施術、生成物質など」と定義しています。具体的には、以下のような分類をしています。

01天然物
(NaturalProducts)

ハーブ(ボタニカル)、ビタミン・ミネラル、プロバイオティクスなど

02心身療法
(Mind and Body Practices)

整体・セルフケア療法、ヨガ、カイロプラクティック、整骨療法、瞑想、マッサージ療法、鍼灸、リラクゼーション、太極拳、気功、ヒーリングタッチ、催眠療法、運動療法など

03そのほかの補完療法
(Other Complementary Health Approaches)

心霊治療家、アーユルヴェーダ医学、伝統的中国医学、ホメオパシー、自然療法など
国立補完統合衛生センター[米国]、2017/3/16現在

なお、世界保健機関(World Health Organization:WHO)は、「伝統医療」について、「それぞれの文化に根付いた理論・信心・経験に基づく知見、技術及び実践の総和であり、健康を保持し、更に心身の病気を予防、診断、改善、治療することを目的としている。」としています。

以上の現状を踏まえつつ、2012(平成24)年度におこなわれた厚生労働省の『「統合医療」のあり方に関する検討会』においては、「統合医療」を、「近代西洋医学を前提として、これに相補(補完)・代替療法や伝統医学等を組み合わせて更にQOL(Quality of Life:生活の質)を向上させる医療であり、医師主導で行うものであって、場合により多職種が協働して行うもの」と位置付けることとしています。(下図を参照)

これからはあらゆる患者に対応できる守備範囲の広い本当に頼りになる総合診療治療が求められています。

予防医療の必要性【健康のJAF】JUST ACCESS FUTURE

多くの人が「健康が本当に重要」だと自覚しているにもかかわらず、健康を失ってから初めて健康を自覚することがほとんどの方に共通する意識です。

健康ライフに生きることをもっと真剣にならないといけません。

現代医学の情報も日々進歩していますが、まだまだ分からないことだらけです。
自身の身体の状況を自覚できずに健康を損なったり、命を失っていく方がまだまだ多いのは大変残念なことです。投薬や対症療法医療は局所的病気を治すだけです。

東洋医学の各種在来医療を含む統合医療等で受け持つ各種治療と手技・手法は西洋医学の対症療法と投薬に頼る現代医学の優れた点と弊害をサポートすることが出来ます。そして日常的にセルフケアを施すことは、病気になる前に予防医学的な役割を担うことに成ります。

予防医学に関しては、現在、我々の環境は未だこれからの段階だと考えます。

殆どの医師達は保険医療に基づく病気の診断と治療を行っているのが現状です。未病、予防医学は医師だけの領域ではありません。

健康に長寿命を目指す人々が自らその対応をしていかなければいけないというのがこれからの超高齢化社会の課題なのです。