2021.02.27

家族や身近にいる大切な人の生涯健康ライフを手助けをする為の自宅サロンを開いてみませんか?

今のコロナの時代にあって予防医療という考え方と、それを広める人が足りていないのです。不定愁訴・生活習慣病や慢性病等に対して出来るだけ薬に頼ることなく、原因に着目して予防と根本治療を目指す、人それぞれの個体差を考慮した手当の予防医療が今必要なのです。

コロナ騒動で露呈した医療体制が十分ではない状況と、医療福祉の国家予算が不足し逼迫している今の状況を考えると、人々が自ら生涯健康を快適に生きる為には予防医療の普及が急務ではないかと考え一社団法人日本健康ライフ支援協会を立ちあげました。

これからは病気を “治す”から“予防の医療へと常識が入れ替わる時代になりました。予防医療が世の中に必要とされ、自宅にいながら収入を得る方法があります。予防医療のセルフケアを日本に広めるために必要となるのがセルフケア療法士という新しい仕事です。


予防医療に貢献する為の整体の新資格であるセルフケアを助勢するドーバリー療法(セルケア療法士2級)の資格養成スクールは、コロナの影響が鎮静するであろう来年3月からの開校する予定です。


主婦・サラリーマン・OL等の副業・複業としても生かせて、誰でも取得出来る、整体の新資格・セルフケア療法士のセミナーを修得して、自らも健康になり、家族や身近にいる大切な人の生涯健康ライフを手助けをする為の自宅サロンを開いてみませんか?


Just Access Future(予防医療・健康・美容のJAF)