2020.07.29

幹細胞は、エイジングケアに有効だということで話題になっています。

女性たちの使っている化粧品に含まれている幹細胞培養液が含まれている化粧品が人気です。

幹細胞は、エイジングケアに有効だということで話題になっています。様々な細胞に分化することのできる幹細胞は、病気やケガで失われた臓器や組織の機能を回復するために、盛んに研究されています。

人の体から幹細胞を取り出して、数を増やすために培養して、増えた幹細胞を同じ人の体に戻すということが、すでに日本でも行われていて、昨年のニュースで高齢の失明した女性の角膜移植が成功したとのニュースもありました。
普段は、普通に自然治癒力と呼びあまり馴染みのない幹細胞ですが、ある時皮膚が傷つけられた場合には、近くにある幹細胞が皮膚の細胞に変わり、傷の修復を助けます。

このように他の細胞に変わることのできる能力を持つ細胞が幹細胞です。ただ、幹細胞は自分が変わるだけでなく、傷の修復をしている他の細胞に対して様々な指令を出します。

様々な細胞に分化することのできる幹細胞は、病気やケガで失われた臓器や組織の機能を回復するために、盛んに研究されています。人の体から幹細胞を取り出して、数を増やすために培養して、増えた幹細胞を同じ人の体に戻すということが、日本でも研究が進んでいます。

こうした研究の中で、幹細胞を培養した後の培養液の中に様々なタンパク質が含まれていることがわかってきて、幹細胞を使用しないで幹細胞培養液のみによる研究が始まっています。

そうした研究で、最も知られているのが、脂肪由来の間葉系幹細胞の培養液です。幹細胞を培養した培養液ですが、幹細胞自体は含まれていないので、化粧品原料としても使用することができるようになりました。

Just Access Future(予防医療・健康・美容のJAF)