2020.05.23

活性酸素が関与する疲労は、痛み・発熱とともに「生体へ警告の三大アラーム」と言われており、大切な防御シグナルです。

ここ数年で生活習慣病をはじめとする
疾患の予防医療・予知医療の発展とともに
、疲労のような前病気状態(未病)に
いかに対処するかという考え方が高ました。


活性酸素が関与する疲労は、
痛み・発熱とともに
「生体への三大アラーム」と言われており、
大切な警告の防御シグナルです。


過労死という言葉もあるように、
疲労は生死に直結する問題であり、
疲労回復に対する関心はいつの時代でも高いです。


いかに疲労を回復するかについては総合医療の中でも、
予防医療に効果のあるセルフケア療法は有効です。


活性酸素が関与する主な疾患は、


動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞、がん、糖尿病、
胃潰瘍、肺炎、脳血管性痴呆症、アルツハイマー型痴呆症、
アトピー性皮膚炎、関節リウマチ、
白内障、未熟児網膜症などがあります。

Just Access Future(予防医療・健康・美容のJAF)