2020.05.20

腸内フローラといわれる腸内環境の改善には 人工甘味料・精製された砂糖はなるべく摂るのを控えるべきです。

精製された砂糖はなるべく摂るのを控えるべきですが、
例えば、清涼飲料水などによく使われている
人工甘味料のアスパルテームの化学的成分は、


脳内のドーパミン生成を阻害して
パーキンソン病や鬱病を引き起こすと言われています。


原則は加工食品を減らし、なるべく手作りするようにして、
自然の甘味料を使うことです。


腸内環境を整えるためには、
野菜中心で食物繊維が多く発酵食品を含んだ
食生活を続けることが大切です。


セルフケア療法で腹部に腸内環境を意識して
手技を施すことで、腸内環境が便通だけでなく


体の免疫や心理状態にまで影響を及ぼし、
腸内フローラといわれる腸内環境の
改善に役立てることが出来ます。


私たちの腸内には、多種多様な細菌が
1,000種1,000兆個以上生息しており、


特に小腸から大腸にかけて生息しており、
これらの様々な細菌がバランスをとりながら
腸内環境を良い状態にしているのです。


Jast Access Future(予防医療・健康・美容のJAF)