2020.04.23

当協会で推進している正しいセルフケアの手技(ドーバリー療法)は、身体の各部位が自然治癒力により
「内臓等本来の役割」ができる環境づくりをしてあげることなのです。

今日も元気に感謝、いつもありがとうございます。
素晴らしい好運との出会いで、
笑顔の健康で一日をお過ごし下さい・・・。

新型コロナウイルス(COVID-19)の拡散を抑えるには、
私たち一人ひとりの協力意識が必要不可欠です。

若い人でも健康な人でも例外なく、
一人ひとりが自分の健康は自分で守るという
意識を持ち行動をとることが大事です。

今この時期は大人数での集まりを避ける必要がありますね。
「自分自身の健康は自分で守るという意識は、

軽度な身体の不調は自分で手当てをすること」と
世界保健機関(WHO)も定義している概念があります。

それをセルフメディケーションと言います。
日頃から自分の健康状態をチェックして、
規則正しい生活を心掛けて、軽度な不調は
OTC医薬品(薬局などで売られてい一般医薬品)で
手当てをするなどの自主的な行動によって、

自分の健康は自分で管理しようという考え方が大事です。

当協会で推進している正しいセルフケアの手技は、
身体の各部位が自然治癒力により
「内臓等本来の役割」ができる
環境づくりをしてあげることでもあり、

セルフケアの正しい知識を習得し
それを実行していくことで
自己の自然治癒力が自ずと活性化され、
慢性疾患は改善し、
未病はその発症を抑制されるのです。

Jast Access Future(予防医療・健康・美容のJAF)